浪江町から心配の電話あり

平成24年7月15日(日)

昨日14日(土)はここ大木町でも豪雨にみまわれ

午前中には花宗川が氾濫し、午後には山ノ井川が氾濫したとの事

我が家のすぐ近くの堀と道と田んぼは一面うみのようになりました。

テレビでも大木町全域に避難勧告が出され

数十世帯が床下浸水になったようです。

 

そんな折、なんと浪江町の生活相談指導員の方から

心配の電話がありました。

「テレビで大木町に避難勧告が出ていたので電話しました。」とのこと

本当にありがたいことです。

遠く離れていても、お互いを心配し合う、

思いやる気持ちはつながっていることをひしひしと感じました。

 

福島県浪江町の支援に来ています。

11月9日

こちらは今紅葉がとってもきれいです。

でも、町の人たちの会話のいたるところに

被災の厳しい現実が溢れていて毎日、心が痛くてたまりません。

私たちに何ができるのか?

常に自問自答と迷いの毎日です。      M..K.

 

浪江町の人々の生の声をきいていると

返す言葉が見つかりません。

これが現実なのだと思い知らされます。

生活支援相談員さんの支援とはいうものの

私に何ができるのか・・・と

思い悩まされます。              M.K 

やっと完成しました!

昨年からホームページをつくらないかん・・・と言われながら

なかなかできなかったのですが

やっと、どうにかこうにか完成し、公開することができるようになりました。

ホッ・・・!                                                            M,k,


名称

社会福祉法人 

大木町社会福祉協議会

 

郵便番号

830-0416

 

住所

福岡県三潴郡大木町八町牟田538-1

 

℡ 0944-32-2423

fax 0944-33-2016